ブドウの収穫

ブドウの収穫

ブドウの収穫は栽培者にとってはとても大事なイベントです。
なんといってもブドウの出来がその年のワインの質を決定することに
なるからです。

良いワインはブドウからと言われるほど、質の良いワインをつくるには原料となる
ブドウの質が重要になります。

ワインにとってブドウの栽培は生命線といっても過言ではありません。
ブドウには実に何万という種類があるそうで、人類が誕生する前から自生していた
と言われています。

しかし実際にはブドウの全てがワイン作りに適しているわけではないようで
ワインに適しているブドウは50種類程度だそうです。
そのほとんどがヨーロッパ系のフドウだと言われています。

ブドウの収穫はフドウの糖度が14度から26度くらいになったところで行われます。
また糖度だけでなく酸味とのバランスをみて収穫する時期を調整すると
いわれています。

そんなワインですが、特に赤ワインが最近、健康に注目されているのを
ご存知でしょうか?

これはフレンチパラドックスと呼ばれていて、赤ワインに含まれてる
ポリフェノールには抗酸化作用があり、この抗酸化作用が動脈硬化などの
症状を予防してくれるのだそうです。

事実、世界でも有数の肉食国であるフランスは、赤ワインの飲酒量も多いため
心臓病の患者が少ないのだそうです。